スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

ハードなあいつ。

              



先日、街を歩いていたら

商業ビルに施された耐震ブレースを目にしました。

昭和56年以前の建物であれば、当然の施しですが

耐震ブレースと言うのは、

意匠的に歓迎されない事が多い代物なので

こういう商業ビルのファサードに施してあることに

関心してしまいました。

とは言っても、グレーの色使いでまとめ

さほど圧迫感は無いように思います。

都内の古いビルでは、耐震補強してある方が

入居率も良い傾向があるようなので

安全に対するみなさんの認識も高まっているのかもしれませんね。

見方によっては、鉄骨剥き出しの姿は

ハードなイメージで面白いとも思います。

躯体(構造体)を見せるというのも意匠の一つの手法ですからね。

どういう見せ方をするかだと思います。

精進しなくては・・・。


(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。

スポンサーサイト

| 建物探訪 | 18:40 │Comments2 | Trackbacks0編集

建築探訪 第11話 触覚



人は異質のものに触れた時に何かしらの反応をするのだと思う。

今思えば、彼と初めて会った時、僕の中にも何かしらの反応があったのだと思う。

彼が御殿場での活動を初めてから、早2年以上の時間が過ぎた。

僕よりも年下の彼が、地元というアウェーでゼロからここまで来た。

何か熱いものを感じる。

その小さくて、大きい一歩には

彼らしい答えの出し方が存在していた。

初めて彼と会ってからの自分は、色んな面で変わったなと思う。

それは、心地の良い変化だった。

建築に触れる角度は違っていても、

彼のように情熱を持って建築を作って行きたいと思う。

これからも色んなものに触発されながら。



竣工おめでとう!そして、これからもよろしく!

Haptic House




| 建物探訪 | 23:30 │Comments2 | Trackbacks0編集

建物探訪 第10話 洋館



猪苗代湖畔に佇む洋館、「天鏡閣」

明治40年8月、有栖川宮威仁親王殿下が

東北地方を御旅行中、猪苗代湖畔を巡遊され、その風光の美しさを賞せられて

この地に建設をされた洋館です。

確かに、この後僕もその猪苗代湖の絶景を目にするわけですが

その絶景がこれだ!(ワン、トゥ、スリー! これは違うか)

有栖川宮威仁親王殿下が賞せられたのも分かる気がします。

建物自体も天然のスレートなどが使用され、ところどころ興味深い部分があります。

現在で言われる、大正ロマン的な感性の原点的な建物ではないでしょうか。

国の重要文化財に指定されているそうですが、僕自身はまったく知らない建物でした。

でも、こうして文化財として保存されれば、多くの人が時代を超えて体現する事が出来るのは

素敵な事だと思います。



(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。

長期優良住宅の御相談も受付ております。

| 建物探訪 | 19:25 │Comments0 | Trackbacks0編集

建物探訪 第9話 なんじゃこりゃー



8月も終わりに近づき、蝉が最後のご奉公のように大合唱をしている今日この頃

みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

夏休みの間に出会った、面白い建物を少しご紹介します。

タイトルのまんまです。

福島市の郊外にあるこのお寺

別にこの建物を見たかった分けでは無く、目的地からの帰り道、偶然見つけた

なんじゃこりゃー(笑)

僕自身も茅葺きの建物の改修を行った事もありますし

その他いくつかの茅葺き屋根も見て来ましたが

これ程までに流線型なのは初めてです。

屋根形状としては、入母屋という類いに属すると思いますが

ここまで、軒先を曲げてくるとは・・・、しかも棟の先端に帽子まで着けて(笑)

当時の住職が前衛的だったのか、宗教的な意味があったのかは不明ですが

現存する茅葺き屋根の中でも、かなりの主張を見せております。

茅葺き屋根自体が減っている昨今、こんなに斬新な茅葺きは

重要文化財物だと思います。


(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。

長期優良住宅の御相談も受付ております。



| 建物探訪 | 19:19 │Comments0 | Trackbacks0編集

建築探訪 第3話 ~現役~



これは、とある地域のとあるお寺の隣に建っている、とある蔵?です。

蔵と言うと、格好いいですが、多分ただの物置です(笑) 

この場所には年に1,2回足を運びますが、いつも気になっている建物です。

まさか持ち主の方は、こんな風に紹介されている事は知る由もありませんが

紹介させていただきます(笑)

多分、何の登録もされず、なんの保護もされず、何のメンテもされず(笑)

今も昔もこの持ち主の持ち物をしっかり保管しているのでしょう。

恐らく、1900年代前半頃の建物だと思われますが・・・ 素敵過ぎます。

元気な高齢者のように『おれはまだ現役だぜ~!』っと言う声が聞こえてきそうですが(笑)

見ても分かるように、間違いなく現役です。

いつか、必ず引退する時が来る事は否定できない事実ですが

きっと、この建物はその時まで現役でいるような気がします。

耐震性という側面からすれば、診断せずとも『耐震性なし』のはずですが・・・

建物の力というのは、理論や理屈だけでは計れないものなのかもしれませんね。

雨ニモマケズ、風ニモマケズ、地震ニモマケズ・・・

現役でいる事、それはとても格好よく見えてしまうのは、僕だけでしょうか?


(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。








| 建物探訪 | 13:56 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main | next »

プロフィール

フジ建築設計事務所

Author:フジ建築設計事務所
真面目な設計事務所
 (静岡県御殿場市)

・住宅、商業建築、
 官庁建築など
 建築設計業務全般

HP:www.fujisekkei.org

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。