スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

思考

自分達の仕事は、

思考した内容を提供し、形にする為の道筋を立てる事。

きっと、一般の方には

図面を見てもわからない場合が多いと思う。

それは、仕方の無い事。

しかし、そこには思い悩んだ末に

行き着いた答えが描かれているんです。
スポンサーサイト

| 設計事務所のお仕事 | 18:37 │Comments0 | Trackbacks0編集

見積

     


設計事務所の仕事の中に「積算」と言うのがあります。

そうです。見積です。

ここでは、設計料の見積では無く

自分達の設計した内容でいくらになるのかを算出する事を言います。

そうしないと、お客さんは工務店の見積が出るまで

工事にいくらかかるのかの検討が出来ないからです。

また、工務店の見積と比較した時に適正な価格かどうかのチェックも出来ます。

逆に、設計段階から価格を把握していれば

その価格を提示して、出来る業者を探す事も出来ます。

なので、工務店に見積してもらう前に価格を把握すると言うのは

非常に大事な事です。

価格を施主がコントロールする事が重要なんです。

当然、信頼できる工務店の場合や、施主指名の工務店の場合ならいらない作業ですが・・・

工務店が決まっていない場合、数社に見積依頼する場合に行います。

今回も、数社に見積依頼する為、設計時に積算までさせてもらいました。

その結果、かなり精査できたのではないかと思います。

精査される工務店は、たまったもんではないかもしれませんけど・・・

当然、設計料は少し高くなりますが、確実にコストダウンは出来ると思います。

大きい住宅では、カローラ2台分くらいは節約できる事もよくあります。

高くなった設計料どころでなく、設計料分コストダウンできる事もあります。

メーカーの言い値で買ってませんか?

ちなみに、信頼できる(ここが大事です)工務店の場合、

設計での価格より安い場合も往々にしてありますからね

でも、そう考えると設計事務所の選定が、非常に大事な事と言えるかもしれませんね。


(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。



| 設計事務所のお仕事 | 18:05 │Comments0 | Trackbacks0編集

繊細なやつ

          

現在進行中の耐震補強計画の為、テストピースを採取し

圧縮試験を行いました。

鉄筋コンクリート(RC)の建物の場合、

既存の建物のコンクリート強度と言うのは

必ず確認しなければなりません。

なぜか?

それは、建設当時の設計でも、ある一定の強度によって

設計されていた為、その前提条件が確保できているのか

確認しなければ、本来の建物の強度を知る事が出来ないからです。

だから、このように試験を行い、圧縮強度を確認します。

新築でも本来同じ事をしなければなりません。

ある一定期間養生されたテストピースを試験し

設計で考慮していた強度以上になっているのか?

確認する必要があります。

コンクリートは結構、見た目とは裏腹に繊細なんです。

打設時期やその日の天気、色んな諸条件によって

同じ配合でも、強度が変わります。

なので、その都度、工事ごと確認する必要があるんです。


今回は無事に当時の設計強度以上の数値が確認できました。

同時に中性化試験とい理科の実験の延長線を行います。

昔、リトマス試験紙というので、紫になるかどうか

みなさんやりましたよね? あれと同じです。

こういう確認作業を経て、無駄の無い補強計画が出来るのです。

こうした、じみ~な作業によって建物の安全は保たれるんです。



(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。





| 設計事務所のお仕事 | 19:59 │Comments0 | Trackbacks0編集

お墨付き

     

我々設計事務所が仕事をしていく中で、いくつかの関門があります。

その一番大きい関門は法律の壁です。

建物を建てる時には、ほとんどの場合(法的に決められている大きさを超えたもの)

確認申請という手続きを行い、そこでまず設計の法適合性を確認します。

うちの会社ではほとんどの場合、審査の厳しい行政機関へと提出します。

現在は、さまざまな民間機関でも審査を行いますが、なぜか厳しい方へ出します(笑)

そこで確認され、法適合性がみとめられれば確認済証というものが発行されます。

ここでまずは一息つけますが・・・

しかし!設計はあくまでも設計であって、その内容がいかに工事に反映されるかが重要です。

そこで、現在では監理という業務が重要視されてます。

設計の内容が、ちゃんと工事に反映されているかのチェックをします。

そして最後に工事完了の検査をし、ちゃんと設計の内容が反映されたと認められれば

検査済証という合格通知をもらえます。いわば法的なお済付き。

このお墨付きをもらえて、はじめて業務終了の気持ちになるんです。

この物件も済付きをいただき、これで業務終了となるわけです。


  注)このお墨付きは住宅を建てた方なら持っているはずのものですが
     とても重要な書類の為、今の建物を壊すまで、大切に保管して
     くださいね。



(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。




| 設計事務所のお仕事 | 14:16 │Comments0 | Trackbacks0編集

大人の階段

    



本日は、地域の火防隊の車庫・詰所の落成式でした。

あいにくの天気でしたが、それでも多くの人に参加していただき

無事に落成式も終了しました。

建物自体は本当に小さい車庫で、これといったものは無い普通の車庫ですが、

地域の仕事と言うのは大小関係なく大変だなっと思います。

こんなに小さい車庫でも、色々な諸手続きを含めて、

計画から足掛け2年の月日を要します。

我々も色んな細かい場面で慎重にものを運ぶようにしていますが

本当に大変なのは、地域の上役の人達だな~っとしみじみ感じました。

本当にご苦労さまでした。

でも、小さい時に育った地域では、色んな人との繋がりがあって

とても暖かい気持ちで仕事ができたのも事実で

こういう地域の仕事は本当にやりがいがあるなっと感じます。

こういう経験が大人の階段なのかな・・・。

はじめて火の用心の三唱をした(笑)

これからの季節、火の元には十分気を付けてください。



(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。






| 設計事務所のお仕事 | 13:18 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main | next »

プロフィール

フジ建築設計事務所

Author:フジ建築設計事務所
真面目な設計事務所
 (静岡県御殿場市)

・住宅、商業建築、
 官庁建築など
 建築設計業務全般

HP:www.fujisekkei.org

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。