スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

建物探訪 第6話 ~Gのモダニズム③~

          pict0011.jpg


前回お伝えしました建物のすぐ側にある、こちらの建物

以前から、なんとなく気になっていたので、思わずパチリ!

こちらも、70年代頃の建物に違いありません、いやそれ以前かも・・・

なぜ、壁をそのまま立ち上げず、最上階だけ展望台状態にしたのか・・・

そのあたりはなぞですが、両端にガラスブロックを配置するあたり

なんともチャーミングに見えてしまうのは僕だけでしょうか?

この角々感がノスタルジーを誘います。

一度でいいから、この最上階に上ってみたいと思わせる

アノニマスなモダニズムでした。

F急行の社員の方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください(笑)



(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。








スポンサーサイト

| Gのモダニズム | 02:52 │Comments2 | Trackbacks0編集

設計事務所のお仕事

IMG_3091.jpg

昨日行われた、定期報告の講習会

みなさまには馴染みの無いこの言葉

ある一定の建物において、定期的に検査をして

使用上問題無いかどうかを行政機関へ報告をする制度です。

設計事務所をはじめ、工務店や設備関係者などが参加していました。

昨今、カラオケボックスや福祉施設、ホテルなどで事故が相次ぎ、被害者もでております。

楽しいはずの施設で、事故・・・ そんな事のないようにするための法律です。

非常用照明、換気設備、排煙設備などが正常に作動し

緊急時にちゃんと機能するように検査したり、建物の損傷程度を確認し

緊急時に建物による被害が出ないかどうかを検査する業務です。

我々設計事務所というのは、図面を描くだけでは無く、こんな仕事もしているんですよ。


(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。

| 設計事務所のお仕事 | 13:07 │Comments0 | Trackbacks0編集

建物探訪 第5話 ~Gのモダニズム�~



悠々とそびえ建つこの建物、みなさんもどこかで見覚えのある建物じゃないですか?

そうです。御殿場のシンボル的な建物、この地の現代農業家の本部基地です。

この建物も竣工当時は、とてもハイカラな建物だったに違いありません。

まだ、この街にRC造(コンクリート造)の建物が目新しかった時代の産物です。

コンクリート打放しの壁は、かなり老朽化しましたが、それでもほかの工法では

こうしたフォルムは難しかったでしょう。

当時としては、構造的にもかなりがんばったに違いありません。

朽ち果てたコンクリートも、それはそれで素敵なんですが

残念ながら、こちらの建物も解体工事が開始され、外構から壊され始めました。

建物が、時代を飛び越して生き残る事は難しいのでしょうか?

サスティナブルと言う言葉が使われて、かれこれ10年ほど経ちますが

今残っている建物のうち、どれだけの建物が生き残るのでしょうか。

営業戦略として、サスティナブルという言葉を使うのでは無く

真の意味でサスティナブルというのが求められているように思います。



(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。



| Gのモダニズム | 16:21 │Comments0 | Trackbacks0編集

ジャバラなやつ

 

屋根と言うのは、その建物のイメージを大きく変える要素を持っています。

現在では、耐震性を考慮して金属系の屋根を選択する場合が多いかと思いますが

実際は、茅葺から始まり日本瓦、洋瓦、セラミック瓦、カラーベスト・・・等々色んな材料があり

金属屋根を一つとっても、ステンレス・アルミ・ガルバリウム鋼板と様々で

それらを使った葺き方も、横葺き、瓦棒葺き、タテハゼ、一文字葺き・・・等々

それらを、お客様の要望を考慮し、メンテナンスに関しても視野に入れ選択していきます。

とは言っても予算がある事ですから、それ程高級な材料は使用出来ないのが現実かと思います。

しかし!建物のイメージを左右しますから、見栄えが良い方がイイに決まってますよね。

今回計画した、ある施設の作業棟では、こんなジャバラなやつを使いました。

比較的コストが安く、施工が容易な折板を軒先だけ曲げてみました。

通常は工場や倉庫などで使われる材料ですが(笑)

軒先を丸くしただけで愛らしい表情になってませんか? 

見た目が良いか悪いかは人それぞれの判断ですが(笑)

少しだけ、建物の表情を豊にできた気がします。

そんなジャバラなやつ、みんなに好かれるといいな~



(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。


| 日々の出来事 | 16:51 │Comments0 | Trackbacks0編集

タイシンホキョウ

S07鉄骨詳細図




神様!いつ地震はいつ起こるんですか?などと、CMでも盛んに地震対策を促している昨今

我がフジセッケイでも、ここ10年程の間にいくつもの耐震補強設計を行ってきました。

なぜ、それほど耐震補強を促しているんでしょうか?

基本的には、法改正という法律の壁が大きく関係しています。

昭和56年6月に建築基準法の大改正があり、建物の構造規定が大幅に改正された為

それ以前に建てた建物は、全て耐力不足となった為です。

それから、幾つもの地震対策に関する委員会などを立ち上げては、被害想定というものを

作成して、人的・物的・経済被害なのどのデータを作成してきました。

その結果、様々な形での被害が想定される為、国や県は地震対策を促進している

と言う事が大きな要因です。

正直なところ、実際の地震によりどれだけの被害になるのかは、

本当に神のみぞ知るっと言うところかも知れません。

しかし、クラッシュ&ビルドでは無く、少しづつ手を加え使い続け

自然災害にも耐えうるようにしていく。

それは、エコな事でもあるかもしれませんね。


  ※静岡県内の各市町村では住宅の無料診断を行っております。
   興味のある方は、一度やられてみてはいかがですか?
  
   お申し込みはこちらからどうぞ(どの市町村でも、こちらから申し込みいただけます)

    お住まいの市町村の設計事務所の人間が派遣され、簡易診断を行います。
    設計事務所をご指定の場合は、備考欄に○○市の○○設計事務所希望と記載ください。



(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。






| 日々の出来事 | 08:50 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

フジ建築設計事務所

Author:フジ建築設計事務所
真面目な設計事務所
 (静岡県御殿場市)

・住宅、商業建築、
 官庁建築など
 建築設計業務全般

HP:www.fujisekkei.org

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。