スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

30年後へ

  IMG_446.jpg

現在設計に取りかかっているN-HOUSE

色んな紆余曲折を経て、やっと設計契約のお話までたどりつきました。

最初にお話を頂いたのは平成18年頃

この3年ほどの間に、建築基準法の大改正があったりと

建築業界を取り巻く環境も大きく変化しました。

その環境の変化を考慮しながら、方針も決まり、大まかな方向性も決まってきました。

実は、こちらのお客様の現在住まわれている住宅は

30年前に我が事務所で設計させていただいた建物なんです。

時代も変わり、世代交代も進む中、30年前の建物の横に、新しい建物が建設予定となります。

なんだか、感慨深いものを感じます。

時代の変化の速度が加速している近年ですが、そんな時代に流されない家

30年経った時に、多少のモダンさを感じるられる家

みんなが安心して生活を築ける家

そんな建物を設計していきたいと思います。


時間と予算と法律と・・・ また、さまざまな戦いが始まります。




(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。

長期優良住宅の御相談も受付ております。











スポンサーサイト

| 建築学 | 18:10 │Comments0 | Trackbacks0編集

リセット

treow.jpg

最近は、全ての意識が一つの仕事に集中していました。

そういう時には、他のものに対する思考が停止します。

仕事以外の事では、かなりだらしない人間になってしまいます。

そういう時には、色んな人と合って話、刺激を受ける事で

人間としてリセットできます。

以前から工房を見学させてもらおうと思っていたので

リセットも兼ねてIさんの工房見学に行ってきました。

色んな経験を経て家具職人になったIさんは、とても穏やかに

それでいて、時おり見せる真剣な眼差しで、色んな話を聞かせてくれました。

ひとつの道を決め、その道を歩んで行く

そういう覚悟をした人との話は、とても刺激的な時間でした。

彼の誠実な人柄は、作り出される家具からも感じられました。

効率主義の世の中にあって、一つ一つ丁寧な手作業で生み出される家具。

魂の込められた家具は、長い年月を、使い手に愛されながら過ごすのだろうと思いました。

いつの日か、こうした職人が一つ一つ丁寧に仕上げた家具を使った家を

設計してみたと思いました。

思考停止になっている場合じゃないな・・・。


Iさんの工房見学は随時受付中との事です。
こちらをご覧ください。
Treow Furniture works










| 日々の出来事 | 19:05 │Comments2 | Trackbacks0編集

プロ

  

先日、とある撮影を友人にお願いした。

もともとは学校の同級生で同じ建築学科

しかし、彼は休学し、せっせこ貯めた貯金でオーストラリアへ

そこで様々な出会いによって、今はプロのカメラマンとし活躍している。

かれこれ、同じ学び舎を巣立ってから10数年が経った。

そして、違う道へ歩んで行った彼が、今こうして目の前でプロとして撮影をしていた。

道は違えど同じ職能人として、プロとしてがんばっていきたい。


SLOW WALK

| 日々の出来事 | 18:09 │Comments0 | Trackbacks0編集

追込み



設計事務所と言うのは、だいだいの場合納期前になると

お祭り騒ぎのようになります。

何となく楽しそうですが、まったく楽しくはありません(笑)

一年のうち、だいたい2,3回はそんな時期があります。

今年も例年のように、今の時期は追い込み中

設計図はもちろん、予算書やその他の積算と言われる業務の資料

様々な書類や図面の整備に追われます。

結構膨大な資料です。

それらの整合を計り、図面を直しては予算へ反映させ、予算を直しては

図面に反映させ・・・みたいな事を繰り返します。

かなりじみ~な作業です(笑)

建物の大小に関わらず、同じ作業をしていきます。

そうやって、建物を造る為の準備が整うのです。

今回の設計では、外構の設計もして、あと少しで完成。

我が社ではいつもの事ですが、最後はみんなで手分けをして完成させます。

納品し終わった後の充実感はこの仕事の楽しみの一つ。

ある著名な建築家が言ってました。

『仕事が決まった時が喜びのピークで、仕事が始まると地獄が続く』と

その地獄ともあと少しでお別れだ。


(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。

長期優良住宅の御相談も受付ております。

| 設計事務所のお仕事 | 17:59 │Comments0 | Trackbacks0編集

東山旧岸邸④  ~夏をむねとすべし~

  IMG_4442.jpg

こちらは、居間と食堂のテラス部分になります。

洗出しをした土間が、新たに復活しました。

ここで注目なのは、下もそうですが上もなんです。

この建物の軒先の出ている部分が長いんです。

通常の和風の住宅と比べても2~3倍は長くなってます。

部屋内から外の木々を眺めた時に、軒先が邪魔しない

ギリギリまで、軒先を延ばしたのでしょう。

日本家屋の場合は、昔から『夏をむねとすべし』が良いとされていました。

いかに夏を涼しく過ごすのかが、家造りのポイントだとされてきました。

夏の陽が高い時は遮り、冬の陽が低い時には室内に取り込む、

軒先の出によって、日差しをコントロールして室内環境を保とうとしたんですね。

とても利に適った事だと思います。

しかし、現代建築はどうでしょうか?

軒先をデザインする事は非常に難しい為、見栄えを優先させた結果

現代建築では、軒の出があまり見られません。

エコなものが様々開発されていますが、そういう機器を使う前に

今一度、先人の知恵を借りるのも、十分にエコな事かもしれませんね。


(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。

長期優良住宅の御相談も受付ております。



| 工事中 | 21:20 │Comments0 | Trackbacks0編集

東山旧岸邸③ ~死守~

IMG_4417.jpg


前回ご紹介した、和室からの眺めです。

見えている部分は、居間の部分です。

現代の木造建築の耐震力の基本的な考えとし、四隅に壁!っと言うのがあります。

それは、現代の一般的な木造建築のほとんどは線ではなく、

面で耐力を確保しているという事実があるからです。

その基本を考え、耐震補強と言う性質を考慮すると、

あの出隅に位置している柱の脇に、どれだけ壁を作りたかった事でしょうか(笑)

でも、あそこに壁を作るほど野暮な事務所ではありませんよ(笑)

やはり、あの出隅には柱1本。

その繊細さがいいんです。それが粋なんです(笑)

せっかくの庭を眺めるのに、壁なんてあった日にゃ~

吉田先生もホッとされているんじゃないでしょうか。

先生の繊細な意匠、守りましたよ!総理!庭の景観守りましたよ!

改めて見ても、う~~ん やはりあそこは柱1本がいいな。

あの感じが・・・

和だな。


(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。

長期優良住宅の御相談も受付ております。

| 工事中 | 19:33 │Comments0 | Trackbacks0編集

東山旧岸邸② ~数奇屋の極意~

IMG_4422.jpg

この写真を見て、おっ!と思ったあなたは、かなりの建築通か茶道通なんじゃないでしょうか?

ここは、建物北西に位置する和室です。

お茶会もこの部屋で開催されるそうです。

この縁側の何がすごいのか、床です。

お茶を楽しんだあとに、庭の景色を座位のまま楽しめるようになっているんです。

っともっともらしく言っておりますが、あくまでも推測です(笑)

色んなお宅を拝見する事がありますが、縁側にまで畳みを敷いているお宅は

拝見した事がありませんでした。

これだけ素敵な庭を持っておられれば、お越しになった客人に楽しんでもらいたいと、

誰でも思うんじゃないでしょうか。

客をもてなすという茶道家の精神や数奇屋の思想を

もっとも表現しているような空間です。

こちらも公開スペースになるようですので、是非足を踏み入れてみてください。



(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。

長期優良住宅の御相談も受付ております。




| 工事中 | 19:30 │Comments0 | Trackbacks0編集

東山旧岸邸① ~???~

              

おいお~い、岸邸の写真を見せるんじゃ無かったのかよ~!とのお声が聞こえてきそうですが

まあまあ(笑)、そう焦りなさんな。

多分、このように吉田先生の建物を触れる機会な無いでしょうから、じっくりお見せしますよ。

この写真には、岸邸を楽しむ為の解説が写っているんですよ。

僕も最初見た時は、えっ!って感じでしたが

元総理の別荘と思いなおし、納得

そうです、この建物のスイッチプレートは銅板で出来ているのです!

やはり豪邸の豪邸たる所以みたいなとこでしょうか。

こうした細かいところまで、粗相のないようにとの配慮だったのかもしれませんね。

そりゃーそうですよね。

観にいかれた時には、ぜひチェックしてみてください。


(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。

長期優良住宅の御相談も受付ております。

| 工事中 | 19:05 │Comments0 | Trackbacks0編集

いよいよ公開!岸邸記念館



とうとう工事も終わり、厳しい検査も終了して、工事が終了しました。

最後は『静岡県安全推進室』と言う地方建築行政の最高峰まで登場し

ほんとうに、最後の最後までF氏の苦労も続きましたが

設計から、2年の歳月をかけて、

K邸こと『岸邸記念館』の耐震補強工事と改修工事が終了しました。

工事に携わった人達の苦労が、ようやく形となり

みなさまにお目見えする事となりました。

関係者のみなさん!本当にご苦労さまでした。

建物もそうですが、この庭からの眺めが本当にすばらしい!!!

何度かにわたって、各部を紹介いたしますので、楽しみにしててください。

公開に合わせて、先ずはお茶会が開催されるようで。



(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。

長期優良住宅の御相談も受付ております。






| 工事中 | 17:59 │Comments3 | Trackbacks0編集

UT

              

ここ最近は、建物探訪が続いておりましたが、仕事をしていなかった分けではありません

小さな鉄骨造の車庫の現場も着々と進んでおります。

今回は鉄骨の製品検査です。

鉄骨の場合に、構造的に最も重要視されるのは溶接状況です。

その溶接状況を、この機械を使い、超音波によって確認します。

正式名称を超音波探傷試験と言い、略称UTと言います。

アナログな建築界において、少しカッコいい名前です(笑)

こうして、溶接の不具合が無いかどうかを確認します。

最近の建築業界では、本当に様々な検査があり、検査検査の日々です。

中には、無意味じゃないのか?っと言う事もあったり、無かったりですが

こうして、検査を行うと言う事で、作る側にも緊張感が生まれ

良い建築というものが出来ていくんじゃないでしょうか。




(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。

長期優良住宅の御相談も受付ております。






| 設計事務所のお仕事 | 14:39 │Comments0 | Trackbacks0編集

建築探訪 第11話 触覚



人は異質のものに触れた時に何かしらの反応をするのだと思う。

今思えば、彼と初めて会った時、僕の中にも何かしらの反応があったのだと思う。

彼が御殿場での活動を初めてから、早2年以上の時間が過ぎた。

僕よりも年下の彼が、地元というアウェーでゼロからここまで来た。

何か熱いものを感じる。

その小さくて、大きい一歩には

彼らしい答えの出し方が存在していた。

初めて彼と会ってからの自分は、色んな面で変わったなと思う。

それは、心地の良い変化だった。

建築に触れる角度は違っていても、

彼のように情熱を持って建築を作って行きたいと思う。

これからも色んなものに触発されながら。



竣工おめでとう!そして、これからもよろしく!

Haptic House




| 建物探訪 | 23:30 │Comments2 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

フジ建築設計事務所

Author:フジ建築設計事務所
真面目な設計事務所
 (静岡県御殿場市)

・住宅、商業建築、
 官庁建築など
 建築設計業務全般

HP:www.fujisekkei.org

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。