スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

妄想街づくり ~ヨコハマへ⑤~

                


最近、『減築』と言う言葉をよく耳にする。

もともとの建物の規模を減らす行為の事

『増築』と言う言葉は良く聞くが、『減築』は

それほど多くは行われていない。

ここ『黄金町バザール』では、先のワークステーションにより

既存の建物を再活用するにあたって行われた手法。

様々な行政機関との調整を経て、現在に至るらしい。

小難しい事はさておき、既存の建物を合法的に利用する為には

そういった事も求められる。

問題なのは、規模よりも質。

新たな息吹が吹き込まれたかどうかだと思う。

そういう意味では、この建物は面白い!

遊び心も織り交ぜた解答は、さすがだ。

新しいものを造るだけでは無い面白さ。

諸問題を逆手に取った答えの出し方。

我々に求められるものの一つかもしれないと思った。

スポンサーサイト

| 日々の出来事 | 13:00 │Comments1 | Trackbacks0編集

妄想街づくり ~ヨコハマへ④~

     


②で高橋氏に話を聞いた『黄金町バザール』

もともとは一大歓楽街だったエリアを

アートによるまちづくりをテーマにして、NPO法人を軸に

街の再生を図っている場所。

街の再生だからと言って、再開発的な大資本主体での再生ではなく、

あくまでもアート主体の再生。

そこが魅力的。

個人や小さなお店なども、積極的に参加していける企画。

ここは、現在高架下の改修された場所の一角。

本当に素朴な感じ、だから普通に立ち寄れる。

もともとは平成14年から始まった動きが、今こうして

『黄金町バザール』として形になりつつある。

某ヒルズ、は土地の買収に同じくらいの時間がかかったとか

それよりも商業的には遥かに小さいものかもしれない

どちらも同じように都市計画法と言う法のもとでは、平等に苦労があるだろう

でも、時代が流れた後に人々に愛されるのは、こう言うものだと思う。


⑤へつづく


| 日々の出来事 | 12:53 │Comments0 | Trackbacks0編集

妄想街づくり ~ヨコハマへ③~

              


先の事務所訪問だけで、結構胸いっぱいでしたが

まだまだ続く『関内OPEN2』です。

続いては、同業者なら、このドアノブを見れば、

お分かりのように、超メジャー事務所『みかんぐみ』の事務所です。

メディアの露出も多く、受賞暦も相当ある一流事務所です。

事務所内は、スッキリ整然とした感じで、各プロジェクトのスライドなどを

流してくれてました。

ファイルの背表紙にも、すべて『みかん』が貼られていてぬかり無い感じです。

案内人の人が『うちはオープンなんです』と言って会議スペースなども写真を

撮らせてもらいましたが、掲載は遠慮しました。

なんとも一流の空気漂う事務所でした。

④へつづく


| 日々の出来事 | 20:02 │Comments0 | Trackbacks0編集

妄想街づくり ~ヨコハマへ②~

yokohama2.jpg


今回の『関内外OPEN2』っと言う企画は

簡単に言うと、クリエーターやアーティストのアトリエやスタジオを

公開すると言うもの。

もともとは『芸術不動産』と言う企画から、多くの芸術家を街に呼ぼう!

街の老朽化した建物を芸術家達の手で魅力的に使ってもらおう!

っと言った動きから、多くの人達がこの地にアトリエを構えるように

なったようで、それらを多くの人に知ってもらおうと言うものなのでしょう。

その中でも、今回は有名な建築家の事務所も公開と言う事もあり

ワクワクしながら廻ってきました。

こちらは馬車道大津ビルと言う建物内にある、『ワークステーション』と言う、

高橋寛+高橋晶子氏達の事務所と

先日、新建築賞を受賞された 『STUDIO 2A』 宮 晶子氏の事務所がありました。

宮氏、高橋寛+高橋晶子氏共に、自らのお出迎えでかなりビックリしましたが

自らのプロジェクトなどのお話を丁寧に説明してくださり、感動ものでした。

現在両氏が携わっている『黄金町バザール2010』のお話も聞け、妄想街づくりの

ヒントを頂けたように思いました。

本当にありがとうございまいした。


③へつづく




| 日々の出来事 | 13:44 │Comments0 | Trackbacks0編集

妄想街づくり ~ヨコハマへ①~

              


最近、『街づくり』と言う言葉について考える事が

少し増えた気がする。

街を作るのか?造るのか?創るのか?

自分達の住む街をどうしたいのか?

そんな事を考える。

やはり、自分の住む街が面白い方が良い、心地よい方が良い

人の価値観と言うのは様々なので、多種多様な希望があるだろう。

その中で、自分だったらどんな街にしたいのか?

そんな日々の妄想に対するヒントを得ようと横浜へ

『ヨコハマ創造都市センター』と言う行政機関も巻き込んだ

街づくり・ものづくりの拠点がある。

これがすごい。

そこが企画する『関内外OPEN2』と言う企画へ行ってみた。

路地裏から、こんな風景が顔を出す街『ヨコハマ』

素敵過ぎる。


�へつづく

| 日々の出来事 | 13:38 │Comments0 | Trackbacks0編集

風景

    


家から見える風景と言うのは

住む人にとっては大事な要素

現代では、なかなか風景が良く見える位置に

窓を付ける事は難しいかもしれない。

まして、全体的に開口部を小さくとる傾向が強い

耐震性やプライバシーの問題も考慮しなければならないからだ。

でも、出来るだけ良い風景が楽しめる場所に

出来るだけゆとりのある窓を考えたい。

外と内との曖昧さを楽しめる民族なんだから。

この窓からは、どんな日々の風景が

映し出されるのかな。

綺麗な空は写しだされそうだ。



(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。


| 建築学 | 11:21 │Comments0 | Trackbacks0編集

    

アートクラフトも無事に終了し

秋の気配が徐々に感じられる9月に入りました。

まだまだ残暑厳しいですけどね。

そんな中、着々と工事の進むN邸のスラブ(床)のコンクリート打設を行いました。

気温が高い夏の日は、どんどん打たないと固まってしまうため

応援の左官屋さんも含めた職人さん達総勢10人弱で、打設していきます。

コンクリートは固まる前の状態では生コンと言うくらいですから

生なんです。時間勝負なんです!

仕上げの押えもしっかりしてもらい(←これが大事)

無事に生ものも処理されました。



(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。

| 建築学 | 17:22 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

フジ建築設計事務所

Author:フジ建築設計事務所
真面目な設計事務所
 (静岡県御殿場市)

・住宅、商業建築、
 官庁建築など
 建築設計業務全般

HP:www.fujisekkei.org

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。