スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

長期優良住宅

             IMG_4582.jpg


ここ数年、色んな側面での規制が行われ、我々業界もその対応に追われる日々ですが

また一つ新しい制度が動き出しました。

『長期優良住宅の普及の促進に関する法律』という長ったらしい名前の法律が施行されました。

今までの住宅よりも耐久性を考慮し耐用年数を向上させた住宅を造りましょう!っと言う法律です。

この制度を活用する事により、

税制の優遇措置やローンの設定年数の長期化などの特典が与えられると言うものです。

環境問題、住宅の資産価値向上、ストック市場の育成などを目的として始まった制度です。

100年は使える住宅を目標としており、

現在の住宅耐用年数の2.5~3倍程度長い期間使えるものをっと言うのがおおまかな目標値です。

先日書いたサステイナブルと通ずる内容だと思います。

ただ、当然建設費や設定条件は厳しく、建設費でいくと約2割程度上がると言われており

現在の木造住宅では、簡易的にしか行われていない構造計算も、しっかりと要求され

建物の温熱環境の指標なども設定されるなど、かなりレベルの高い建物が求められます。

当然100年後も建っているわけですから、デザイン的にも考えなければなりません。

しかし、現在の住宅に対する資産価値や耐用年数を考えると、

制度や法律は抜きにして、ある意味当たり前の事なのかもしれません。

1年単位でのコストを計算すれば、むしろお得な制度かもしれませんね。

自分たちの財産としての住宅が後世に受け継がれ、使われていいく・・・

日本もやっと住環境への意識が高まって来たのかと思います。

自分たちの造った物が、100年後も使われていたら、携わった人間も感動です。



(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。

長期優良住宅のご相談も受け付けております。
お気軽にご相談ください。



スポンサーサイト

| 設計事務所のお仕事 | 18:24 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fujisekkei.blog24.fc2.com/tb.php/43-90a97274

| main |

プロフィール

フジ建築設計事務所

Author:フジ建築設計事務所
真面目な設計事務所
 (静岡県御殿場市)

・住宅、商業建築、
 官庁建築など
 建築設計業務全般

HP:www.fujisekkei.org

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。