スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

アナログ

           


現在進めているN-HOUSEの設計で、地盤の調査をお願いしました。

先日も書いたように、うちの事務所では地質を確認できる調査を行います。

費用などが無い場合は、簡易的な試験だけを行う場合もありますが

出来るだけ、地質のサンプリングも出来る調査を行います。

調査した箇所と、工事に入った時に掘った箇所の確認ができるからです。

今回のように鉄骨造の場合は木造とは違い、基礎も大きくなるので

地盤に載せる重さも大きくなる為、鉄骨造の場合は必須です。

そんでもって、このローテクな機械を駆使して調査をするのです。

少々いぶかしげな方もいらっしゃるかと思いますが、正規の機械なのです(笑)

これで、一定の重さによりトントンと地盤を叩いて行きます。

所定の回数を打撃して、どの程度の震度まで貫入するかによって確認します。

とってもアナログな方法ですが、そのアナログで原始的な方法が

地盤の強さを確認してくれます。

結構アナログな事だって役に立ってくれるんです。

建築自体もアナログな行為ですからね。


(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。

長期優良住宅の御相談も受付ております。


スポンサーサイト

| 建築学 | 19:42 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fujisekkei.blog24.fc2.com/tb.php/72-ed8d75fc

| main |

プロフィール

フジ建築設計事務所

Author:フジ建築設計事務所
真面目な設計事務所
 (静岡県御殿場市)

・住宅、商業建築、
 官庁建築など
 建築設計業務全般

HP:www.fujisekkei.org

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。