スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

繊細なやつ

          

現在進行中の耐震補強計画の為、テストピースを採取し

圧縮試験を行いました。

鉄筋コンクリート(RC)の建物の場合、

既存の建物のコンクリート強度と言うのは

必ず確認しなければなりません。

なぜか?

それは、建設当時の設計でも、ある一定の強度によって

設計されていた為、その前提条件が確保できているのか

確認しなければ、本来の建物の強度を知る事が出来ないからです。

だから、このように試験を行い、圧縮強度を確認します。

新築でも本来同じ事をしなければなりません。

ある一定期間養生されたテストピースを試験し

設計で考慮していた強度以上になっているのか?

確認する必要があります。

コンクリートは結構、見た目とは裏腹に繊細なんです。

打設時期やその日の天気、色んな諸条件によって

同じ配合でも、強度が変わります。

なので、その都度、工事ごと確認する必要があるんです。


今回は無事に当時の設計強度以上の数値が確認できました。

同時に中性化試験とい理科の実験の延長線を行います。

昔、リトマス試験紙というので、紫になるかどうか

みなさんやりましたよね? あれと同じです。

こういう確認作業を経て、無駄の無い補強計画が出来るのです。

こうした、じみ~な作業によって建物の安全は保たれるんです。



(有)フジ建築設計事務所
fujisekkei1717@ybb.ne.jp(担当:森谷)
各種建物に関する御相談を受付けております。              
些細な事でも御遠慮無く御相談ください。





スポンサーサイト

| 設計事務所のお仕事 | 19:59 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fujisekkei.blog24.fc2.com/tb.php/92-35f8e461

| main |

プロフィール

フジ建築設計事務所

Author:フジ建築設計事務所
真面目な設計事務所
 (静岡県御殿場市)

・住宅、商業建築、
 官庁建築など
 建築設計業務全般

HP:www.fujisekkei.org

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。